Design Fee/建築設計監理料 戸建住宅リノベーション

設計料について

従来の工事費×◯◯%という建築設計監理料の設定はしておりません。

設計面積が変わらないのに、仕上材(外壁やフローリングなど)や設備(お風呂やキッチンなど)を価格が高いものに変更しただけで

建築設計監理料が高くなるのはおかしいのではないかと考えているからです。

例えば、設計料が工事費×10%場合

工事床面積が100㎡で、工事費3,000万円だったのを設計を進めていくうちに仕上材やお風呂などを変更して3,700万円に増額になると

設計料は300万円だったはずが、370万円になってしまいます。

そのため独自の建築設計監理料を設定しております。

 

基本的な設計料の考え方

戸建住宅リノベーション:床面積㎡×2〜2.5万円(最低100万円)※税別

工事床面積が100㎡の場合、設計料はMAX200万円〜250万円となるため、工事費だけを考えて家づくりができます。

設計料はあくまでも目安となりますので、ご予算やご希望規模に応じて相談させて頂いております。

床面積150㎡以上は料率が低くなりますので、詳しくはお問い合わせください。

※戸建住宅のリノベーションは、壊してみないとわからない部分があるため、設計料に幅を設けています。

※耐震改修が必要な場合の構造設計監理料は頂いた設計監理料に含みますが、特殊な形態などの場合、別途構造設計監理料を頂きます。

ご相談には費用は発生しませんので、お気軽にお問い合わせください。

 

新築戸建住宅の設計料について

マンション住宅リノベーションの設計料について

住宅以外:用途や広さによって変わりますので、詳しくはお問い合わせください→CONTACT/お問い合わせ

Workflow/ワークフロー 戸建住宅リノベーション

  1. お問い合わせ
  2. 顔合せ (1〜2時間)
  3. 面談  (1〜2時間)
  4. 建築設計監理業務委託契約
  5. 既存住宅の確認
  6. 初回提案(1ヶ月)
  7. 基本設計(1〜2ヶ月)
  8. 実施設計(2〜3ヶ月)
  9. 見積調整(1〜2ヶ月)
  10. 工事請負契約
  11. 着工/設計現場監理(2〜4ヶ月)
  12. 竣工写真撮影/見学会
  13. 竣工/引渡し
  14. 1ヵ月点検/1年点検/2年点検

戸建住宅リノベーションの場合、4.建築設計監理業務委託契約〜13.竣工/引き渡しまでおおよそ1年ほどかかります

詳しいワークフローはこちら→

※規模や要望により家づくりの期間は変わりますので、まずはお気軽に相談ください→CONTACT/お問い合わせ