柏の家2(回遊する家)について

所在地 :千葉県柏市
主要用途:住宅
構造  :木造在来工法 地上2階建て
敷地面積:97.22m²
建築面積:42.06m²
延床面積:80.31m²
施工  :助川工務店
構造  :マサ建築構造設計室
撮影  :大畠稜司建築設計事務所

建主の方は事務所の近所の方で、弊社の雰囲気や弊社がデザインした事務所のカフェ、One Tableの雰囲気を気に入ってくれて問い合わせがあり、始まったプロジェクトです。
建主はキャンプが好きということから、日本の山・林業のお話をして、「もし山に興味があれば高知の山・林業を見に行きませんか?」と提案し、一緒に高知の林業を見てきました。
実際に日本の林業を見てもらい、国産の木を使っていく意義を伝え、今回の家では、構造材と外壁の板張りに高知県産の木を採用しました。
さらに、高知で見学した石灰工場の漆喰を2階に採用しています。

計画が始まる時に敷地を建主と見に言った時に、北側のお隣の大きな木を見ながら、開放的な家にしましょうということから基本設計が始まった。
最初は1階リビングを希望されていたが、その木を眺めるには2階リビングの方がいいのではないかと考え、リビングを2階にした。
1階は個室でまとめ、天井高を極力低くし、仕上げをシナ合板にした。
そして、2階には家族が気持ちよく過ごせるように、リビング、ダイニング、キッチンをまとめ、南側を全面ガラスに天井高が高い開放的な空間としました。

予算が厳しいプロジェクトだったため総2階にまとまるようにプランを極力シンプルにした。しかし、予算が厳しい中でも屋根型や素材などに拘ることができたのは、建主がDIYも含めて努力をしてくれたことが大きい。